★登録3分!会員になると簡単web応募が利用できます★


はじめての面接でも安心!キャバクラ・ガールズバーの面接対策とは?「面接までの流れ」「面接の注意点」「面接の持ち物」「面接での服装」「面接で聞くこと」「よく聞かれる質問」をチェック。

応募から面接、入店までの流れ

①店舗カテゴリーの確認

ナイトワークはキャバクラやガールズバー、クラブやスナックなど、お店ごとに色々なカテゴリーに分かれています。
仕事内容や客層、お給料もカテゴリーごとにイロイロです。
「自分に合ったカテゴリーがわからない」というひとは、まずはナイトワークお仕事紹介をチェックして、興味がある店舗カテゴリーを探してみましょう。

②職種の確認

ナイトワークのお仕事、特にお役様を接客するキャストの呼び名は、お店のカテゴリーによって違いがあります。
たとえばキャバクラやクラブの場合は「フロアレディ」、ガールズバーは「バーテンダー」、スナックは「カウンターレディ」、ラウンジは「ラウンジレディ」などのように呼びます。
もちろん呼び名だけでなく、仕事内容やノルマの有無、時給などにも違いがあります。「フロアレディ」はお客様の隣に座って接客しますが、「バーテンダー」や「カウンターレディ」は隣に座ってはいけない等々。
キャストのお仕事内容について詳しく知りたい人はナイトワークお仕事紹介を確認して、自分にあった職種をさがしましょう。
またナイトワークの職種は、「フロアレディ」「カウンターレディ」「バーテンダー」などのキャスト意外にも多くあります。
たとえばお客様の荷物や上着を預かり席まで案内する「エスコートスタッフ」、女の子の付け回しやお酒のサーブをする「ホールスタッフ」、キャストの髪メイクを担当する「メイクスタッフ」、女の子の送迎を担当する「ドライバー」、フードを担当する「キッチンスタッフ」、そしてお店を管理する「店長」などです。
こうした職種を募集している求人広告も掲載されていますので、興味のある人は応募してみましょう。

③求人情報・体入情報に応募

気になる求人や体入情報が見つかったらお店に連絡。「応募ボタン」から簡単WEB応募するひとは事前に会員登録もね。

④面接日の相談

お店と連絡がとれたら、面接日を決めましょう。体験入店を希望するひとは忘れずに伝えること。

⑤面 接

基本的にはお店で面接します。オープン前の夕方に行うことが多いようです。お店の雰囲気やスタッフの表情なども、確認するようにしましょう。

⑥入 店

見事面接をパスしたら、体験入店を利用するか、そのまま本入店するのか決めます。
体験入店することで、お店の雰囲気や客層、働くスタッフとの相性などがわかるのでおススメです。もし自分には合わなければ、遠慮せずに本入店を断りましょう。


面接での注意点とは?

面接では第一印象が大切。遅刻しないことや服装などの身だしなみのチェック以外に、採用担当者は何気ない仕草や話し方などもしっかりチェックしています。 お客様に不快な印象を与えると判断した場合、採用してもらえないこともありますので注意しましょう。

キャバクラ・ガールズバーの面接で注意すること

●絶対守りたいことの一つ、約束の時間に遅刻しないこと。もちろん「すっぽかし」は厳禁。
もしどうしても遅刻してしまう場合は、できるだけ早く連絡しましょう。

●伸びっぱなしの爪やボサボサの髪はNG.事前にしっかりケアをしましょう。不潔にみえると採用されません。

●面接時の服装に特に決まりはありませんが、ジャージにサンダルなどラフすぎるものはNG。

●すっぴんはNG。メイクはしっかりして面接に臨みましょう。店内は暗いので、いつもより濃い目くらいのメークがベスト。ナチュラルメークは地味に見えますので注意。

●お店に入るときや担当者が来たときは、きちんと挨拶をするようにしましょう。一緒に働く可能性があるので、スタッフさんへの挨拶も忘れないように。

●ここは絶対守りたい!笑顔を忘れず、質問にはハキハキと答えましょう。

●気づかないうちに猫背になりがち。椅子に座るときは意識して背筋を伸ばすようにしましょう。

●いつもの癖でついやりがちですが、面接中は足を組まないようにしましょう。

●話している最中に、爪や髪をいじらないようにしましょう。クセのあるヒトは注意。

●当然ですが、面接中はたばこを吸わないようにしましょう。勧められても断るのが正解。

●面接が終わったら「ありがとうございました」の一言を。印象が大幅にUPします。お店をでるときも忘れずに。


面接で用意するものとは?

◆顔写真付き身分証明書

ナイトワークは18歳以上でないと働けません。18歳未満や高校生を雇ったお店は営業停止などの処分を受けることがあるため、入店前に必ず年齢確認を行います。
そのため面接では顔写真が確認できる身分証(運転免許証・パスポート・住基カード・学生証など、顔写真を確認できるもの)が必要になります。

◆ペ ン

キャバクラなどのナイトワークでは一般的な履歴書ではなく、お店が用意する独自の用紙にプロフィールを記入するケースが多くあります。面接前に事前に確認しましょう。


面接で聞くこととは?

◆給与システムについて

ナイトワークでは色々な給与システムを採用していますが、とくにキャバクラやニュークラブの給与システムはいろいろです。
時給制が基本ですが、「ポイント制システム」「売上制システム」「完全売上バック制」「給率時給制システム」の4つのシステムがあり、それぞれのシステムを組み合わせているお店も多数あります。
一般的には「ポイント制システム」を採用するお店が多いようですが、大切なことなのでしっかり確認するようにしましょう。

●「ポイント制システム」・・・指名、同伴など、ドリンク以外のすべてがポイント制で給与に換算されるシステム。
 ⇒客単価は低くても指名数や同伴が多い、多く人を呼べれば高給になるシステム。
●「売上制システム」・・・月間の売り上げにより時給が変動するシステム。売り上げとは本指名のお客様が使ってくれた税金やサービス料等を除いた小計のこと。
⇒指名本数が少なくても客単価が高ければ高給になるシステム。
●「完全売上バック制」・・・売上に対して▲▲%を給与として支払われるシステム。
⇒固定なしの場合がほとんどなので、初心者には難しく、他店などで固定の指名客を多くかかえるような経験者に向いているシステム。
●「給率時給制システム」・・・売り上げに対して給料の割合がどれくらいかで時給が変動するシステム。
⇒指名客を持っている経験者向けであり、売上と給与の割合により100%を超えると時給が上がり、割ると下がるのである程度固定客を持っている人に向いています。

◆給与の支払いについて

給与の支払いについては、とても重要なことです。なかなか聞きにくいことですが、勇気をもってしっかり確認しましょう。
確認することは3点。「給与の支払日は?」「給与の支払い方法は?」「給与の支払金額は?」の3点です。

●給与の支払い日は?
給与の支払日とは、いわゆる給料日です。お店ごとに給料日は違いますので、必ず確認しましょう。
ちなみに、サラリーマンなどは毎月25日などに一括で振り込まれますが、キャバクラやニュークラブでは給料日が月2回あるお店が多いようです。
●給与の支払い方法は?
給料日を確認したら、支払方法を確認しましょう。銀行振り込みではないの?と思われがちですが、手渡しのお店も多くあります。特に日払いを選択できるお店などは手渡しすることが多いようです。
また銀行振り込みの場合は、通帳が必要になりますので用意しましょう。
●給与の支払金額は?
日払いを希望する場合、1日の日払い上限金額を確認しましょう。お店によっては上限があり全額もらえないケースがあるので注意。

◆給与の保証について

キャバクラやニュークラブでは、未経験の女の子が入店すると、成績に関わらず時給が保障される「保証時給」で働くことができるのが一般的です。
入店後の1~2カ月ほど働いて安定してお客様がつくようになると、お店と相談の上、ポイント制システムなどに切り替わります。
応募したお店に保証時給があるか、確認しましょう。

◆ノルマ・罰金について

キャバクラやニュークラブ、クラブには、ノルマや罰金があるのが一般的です。
ノルマとは、その月に達成しなくてはいけない売り上げ・指名本数・同伴回数のことで、罰金は、欠勤や遅刻・ノルマ未達成の場合に発生します。
未経験では入店後1~2カ月はノルマがないことが多く、給料が良い高級店ほどノルマと罰金が厳しくなる傾向にあります。
とはいえ、お店によって違いますし、なかには「ノルマの罰金もなし!」を売りにしているお店もありますので、詳しく確認しましょう。

★ノルマや罰金が心配な女の子は、条件が緩やかな朝キャバ・昼キャバや、ノルマや罰金がないガールズバーなどがおススメかも。 ナイトワークお仕事紹介から、朝キャバ・昼キャバや、ガールズバー仕事内容が確認できます。

◆控除について

お給料について確認したら、次に忘れてはならないことがあります。「控除(こうじょ)」について確認しましょう。
控除とはお給料から天引きされるお金のことで、法律で引かれる金額が決まっています。ホステスの場合は、1日のお給料から5,000円を引いた金額の約10%が所得税として引かれます。
例えば、時給3,000円で1日6時間働いた場合、1日の給料は3,000円×6時間=18,000円ですが、そのうち1300円が所得税となります。
(3,000円×6時間-5,000円)×10%=1300円
残念ですが法律で決まっているので、この金額は必ず引かれてしまいます。

では何を確認するかというと、「お店ごとに設定している控除はあるか?」ということ。
じつはレンタルドレス代や送迎代、ヘアメイク代など、独自の控除があるお店が多くあるのです。
これらの控除は女の子が同意しないとできないことになっていますので、あとでビックリしないように、入店前にきちんと確認しておきましょう。

◆ドレスのレンタルについて

キャバクラやニュークラブ、クラブではドレス着用を義務づけているお店が多くあります。もちろん未経験ではドレスを持っていない女の子がほとんどのため、お店でレンタルできるのが一般的です。
とはいえ、なかにはレンタル代が有料のお店や、レンタルがないお店もありますので、「ドレス着用なの?」「ドレスレンタルはできる?」「ドレスレンタルの料金は?」の3点は確認しましょう。

◆ヘアメイクについて

一部キャバクラやクラブでは、ドレス着用とあわせ、いわゆる「盛り髪」のようなヘアセットを条件づけているお店があります。そうしたお店では出勤前に美容室に行きセットする必要がありますが、最近ではお店でヘアメイクさんを用意してくれるところも増えてきました。
料金も無料から3,000円までと幅広いようなので、「ヘアメイクは必要?」「お店のヘアメイクはあるの?」「お店のヘアメイクはいくらなの?」「利用するにはどうすればいいの?」の4つは確認しましょう。


面接でよく聞かれる質問とは?

●キャバクラやガールズバーなど、ナイトワークでの経験はありますか?

●ナイトワークをしようと思った理由は何ですか?

●今回、このお店に応募した理由はなんですか?

●勤務できる時間帯を教えてください?

●週に何日勤務できますか?

●勤務できない曜日はありますか?

●・ラストまで勤務できますか?

●送迎は必要ですか?

●お酒はどれくらい飲めますか?

●タバコは吸いますか?

●タバコのにおいは平気ですか?

●タトゥーは入っていますか?入っている場合は場所と大きさを教えてください。

●彼氏や親など、周りの人はナイトワークをすることを知っていますか?

●ナイトワークで働いていることを秘密にする必要がありますか?

●希望する時給の金額はありますか?

●ドレスは持っていますか?

●以前働いていたお店はどこですか?(経験者)

●以前のお店では、いくら給与をもらっていましたか?(経験者)

●以前のお店をやめた理由はなんですか?(経験者)

●お店に呼べる指名客は何人いますか?(経験者のみ)



本サイトの閲覧及び求人情報へのご応募は、18歳以上(高校生不可)の方に限ります。18歳未満の方はこちら

キャバクラ・ガールズバーの体入・求人情報サイトCabable(キャバブル)とは?

キャバクラ・ガールズバーの体入・求人情報サイトCabable(キャバブル)は、キャバクラ、朝キャバ/昼キャバ、ニュークラブ、クラブ、ガールズバー、パブ、ラウンジ、ガールズ居酒屋、ガールズラウンジなど、様々なジャンルのアルバイト・バイト情報が検索できるナイトワーク専門の求人サイトです。 毎日更新される全国のアルバイト・バイト情報は、勤務地、職種、メリット、特徴、路線、駅名、給与など、豊富な条件から検索でき、 気になるバイトの保存や応募先したアルバイトの管理などもできます。 またキャバクラ・ガールズバーのバイト探しに役立つ、面接での服装や注意点、持ち物、職種紹介など、うれしい情報が満載。 未経験者歓迎のバイト、高収入のバイト、オープニングのバイトなど、人気のアルバイト特集も毎月開催します。もちろん体験入店の情報も毎日更新! あなたのバイト探しの可能性が広がる、キャバクラ・ガールズバーの体入・求人情報サイトCabable(キャバブル)ぜひご活用ください。

Cabable(キャバブル)の意味

キャバクラ、ガールズバーの体入・求人情報サイトCabable(キャバブル)のサイト名は、caba(キャバクラ)とable(できる)を組み合わせた造語で、capable(優秀な)にもかけられています。 またCabable(キャバブル)を通して働いた人がみんな、バブル期のようなお金持ちになれるよう願いも込めて命名されました。

県別キャバクラ・ガールズバー求人・体入情報


キャバクラ求人情報検索画面を閉じる

キャバクラ求人情報検索画面を閉じる

キャバクラ求人情報検索画面を閉じる